納屋リノベ日記⑪ ~問題発生!!~

壁には筋交いを入れ、

床部分はこんな構造になっているんですが

根太大引きが朽ちていたので木を入れ替えました。

before

after

 

順調、順調!

・・・と思っていましたが、

ここで問題勃発。

 

やや傾斜になっている土地の為、建物自体の基礎が平衡を保つため、

基礎が延長している部分がありました。

 

寝室の基礎。

床面より基礎が出ているのがわかります

 

洗面の基礎。

個々の立地が傾斜の為、明らかに段差ができています。

 

これを壁で隠すだけなら簡単だったんですが、

現場監督の戸丸さんが言うには

断熱をする際にこの基礎の部分に隙間ができてしまうとのこと。

せっかく断熱しても隙間から気流が入って来てしまいます

何とかしなくては・・・!

 

断熱を入れる為に壁の幅を厚くする?

でもそうすると部屋が狭くなってしまいます。

断熱をあきらめる?

いやいや。それは譲れません。

 

いろいろ考えた末、

戸丸さんのアイデアで必要最低限の幅を保持しつつ、

「ニッチ」を設置することにしました。

 

「ニッチ」とは壁をへこませた部分のことで

こんな感じの飾り棚、を見たことがあるでしょうか?

この棚を、壁をへこますのではなく、

必要部位分を出っ張らせる発想に行きつきました。

写真、向かって左側がそうです。

棚として壁に厚みを持たせ

断熱の空間を作ることにしました。

壁は厚くなりましたが、一部なので圧迫感は全くありません!

 

これで問題は解決。

 

いよいよ次は断熱です!

 

 

納屋リノベ日記 ~⑫に続く

 

新築・リフォームは住まいのGEN

広報 こもり

 

【以前の記事】

納屋リノベ日記⑩ ~いよいよ大工さん編~

納屋リノベ日記⑨ ~いざ解体~

納屋リノベ日記⑧ ~間取案が完成~

納屋リノベ日記⑦ ~間取りを考えよう~

納屋リノベ日記⑥ ~住宅ローンの借り方~

納屋リノベ日記⑤ ~知っておくべきお金のこと~

納屋リノベ日記④ ~新築かリフォームか決め手は・・・~

納屋リノベ日記③ ~この建物は使えるのか~

納屋リノベ日記② ~この物件が欲しい!!~

納屋リノベ日記① ~納屋はリノベして住めるのか!?~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA