ロゴ

群馬県沼田市石墨町1889-1
ロゴ
  • ロゴ
  • ロゴ

スタッフ紹介

齋藤 英之(さいとう ひでゆき)

家族の幸せは、健康であること、元気であること

住まう方に幸せをご提案する、元気な住まいのGENの代表として

所属部署役職: 代表取締役

名前(ふりがな):齋藤 英之(さいとう ひでゆき)

 

代表取締役 齋藤英之について詳しく知りたい方は

佐藤順一(さとうじゅんいち)

私が店長です!
プロパンガス・リフォームの知識・経験を活かして、お客様の住まいの困りごとを解決します。

所属部署役職:店長

名前(ふりがな):佐藤 順一(さとう じゅんいち)

ニックネーム:店長

生年月日:昭和46年8月16日

星座:獅子座

血液型:B型

出身:旧月夜野町(みなかみ町)

資格・特技:液化石油ガス販売二種、液化石油ガス設備士、増改築担当者、住宅メンテナンス診断士

趣味・お休みの日の過ごし方:スキー、スノボ、映画、草野球

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました。


物事が起こり始めるという意味の「源」です。

お住まいでのお困り事やお悩み事を聞き、快適で楽しい暮らしが始まるきっかけの源を創ります。

佐藤順一
あなたの仕事(役割)は?

私の主な仕事は、住まいのお困り事、悩み事を解決することです。
プロパンガスの取扱、リフォームの経験を活かして、生活の不便に直結する修繕・営繕を中心に、困ったときの地元のお助けマンになれればと思っています。また、住まいのGENの店長として、スタッフのまとめ役、売上の管理やイベントの年間計画のとりまとめなどを担っています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

22歳でプロパンガスをはじめとした燃料の会社に入ったのがこの業界に飛び込んだきっかけです。

以前は、東京にいたこともあるのですが、地元に戻ることをきっかけに、プロパンガスを取り扱う会社で働きはじめました。その後、住まいのGENの創業の時から活躍する戸丸さんと縁があったこともあり、住まいのGENの門を叩きました。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

困りごとが解決したお客様のホッとした表情を見た時ですね。
「助かった、ありがとう」そう言ってもらえた瞬間が何よりやりがいを感じる瞬間です。

以前のお客様の話ですが、夜遅くに電話がかかってきて「佐藤さん、助けてくれないか」と。
その方は飲食店のオーナー様だったのですが、本当に困った時に私に声をかけてくださったことが嬉しかったです。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

お客様に喜んでいただくためには、ただ工事を済ませればいいというものではない、ということですね。

随分前の話になりますが、あるお客様の家で工事が終わり、帰り際のこと。ありがとうございました! と扉を締めたら、そのお客様にご指摘を受けたことがありました。私扉の締め方が「バシャン!」と大きな音で驚いてしまったのです。
自分自身、そこまで意識してやったことではなかったのですが、せっかくいい仕事をしてもお客様の気持ちが損なわれたのでは意味がありません。そんな気遣いも大切にしながら仕事をしよう! そう、お客様に気づかせていただきました。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

ガスの配管の知識ですね。
修理の仕方はもちろん、古くなったものの買い替え時など、ガスのことならなんでも私に聞いてください。

これから実現したい夢・目標を教えてください

利根・沼田で住まいのことなら「住まいのGEN」と言われるような会社に、名実ともにNO.1と言われる会社にしていきたいです。

そのために、お客様の気持ちに寄り添える会社としての仕事を、スタッフ一同していきたいと思います。

佐藤さんって、こんな人 by金子 光喜

佐藤店長は、とても話しかけやすい人です。

また、プロパンガスについての専門家でもあり、

リフォームの際の素早い対応は私も見習っています。

戸丸 丈雄(とまる たけお)

創業以来“ゲンさん”と親しまれて30年。
住まいの困りごとは私になんでも聞いてください。

所属部署役職:リフォーム担当

名前(ふりがな):戸丸 丈雄(とまる たけお)

ニックネーム:ゲンさん!

生年月日:昭和25年8月18日

星座:獅子座

血液型:B型

出身:利根郡 川場村

資格・特技:液化石油ガス設備二種、液化石油ガス販売二種、危険物乙4種 排水設備工事責任技術者

趣味・お休みの日の過ごし方:地元の温泉めぐり


戸丸丈雄
あなたの仕事(役割)は?

主な仕事はリフォームやプロパンガスの管理。
私が、大切にしているのは、まずお客様と仲良くなることですね。住まいの困り事は、いつもやたらめったらあるものではない。本来ないのが一番いいんですから。
でも、何もない時でも会話をしながら親しくなっていれば、いざという時に声がかけやすいでしょ。そんな関係づくりが私のまずやっていることです。
また、お客様の望みに応じて、ご提案もしています。例えば、キッチンのリフォームをしながら「あぁ、そういえばあのお宅もこんなキッチンにしたいなんて言ってたなぁ」なんて思い出して、ご提案させていただく。そんな仕事をしています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

元々はガスの販売店で営業として働いていました。営業先は、地元の工務店。こう見えても当時の販売コンテストでは、NO.1の常連だったんですよ。

そんな時、販売先で仲良くしていたのが、齋藤社長でした。齋藤社長が建てた家のアフターメンテナンス、プロパンガス供給の専門会社を立ち上げる際に「一緒にやらないか」と誘われたのがきっかけで、今に至ります。
社長は怖いもの知らずというかなんというか、チャレンジャーで、その勢いに私も乗せられました(笑)

でも、こうやっておかげさまで30年も続けることができたので、感謝しています。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

思い出せばキリがないくらいたくさんありますよ。
この仕事は喜んでいただければいただくほど、また次の仕事をいただける仕事。
そうやってお付き合いしていくうちにお互いに気心が知れてきて、等身大の姿で接することができるようになって来るんです。そんな関係が築けて来た時がやりがいを感じる一番の瞬間ですね。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

慣れる、ということが一番怖いよね。
私も多くの失敗をしてきた中で共通するのは、気を抜いているわけではないんだけど、結果的に「慣れ」が出てきてしまったなと思う時。そんな時は大概うまくいかない。

例えばお客様への説明でも、自分はわかっているから簡単に話してしまうけれど、お客様は初めてだし、知識もないから理解できない。
例えばそんな時は、画を書いたり、カタログを見せながら説明したり、相手がイメージしやすい工夫が必要ですよね。

そうやって、お客様が理解してすすめた工事は出来上がった時の反応が違うんですよ。同じ「よかった」という声でも重みが違うというか。お客様に理解をしていただくことで、喜びが変わるってことですね。

そういう意味でも、毎回のキチンとした説明は大事だと思っています。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

温泉めぐりかな。
あそこは熱い、ここはぬるい、など、地元の地元住民しか知らないスポットをよく知っていますよ。

これから実現したい夢・目標を教えてください

住まいのGENという会社がずっと続いていくこと。
会社が続くってことは、とても大変なこと。そのためには、お客様に支持され続けていかなくてはいけない。一つ一つの仕事に心からのありがとうをいただいて、次の仕事をいただける関係をつくらなくてはいけない。
幸い、ここ数年で頼りになるスタッフたちがたくさん入ってきました。そんなみんなと一丸となって、いい会社をつくっていきたいと思います。

戸丸さんって、こんな人 by小渕

お客様も社長も社員も、住まいのGENのみんなが信頼している人。どこに行っても人気者。親しみやすくて、話していると、思わずたくさん話したくなっちゃう人です。

髙井 義政(たかい よしまさ)

お客様想いNO.1 地元の住まいづくりの頼れる相談パートナーとして。

所属部署役職:新築営業

名前(ふりがな):髙井 義政(たかい よしまさ)

ニックネーム:タカイさん

生年月日:昭和28年6月30日

星座:カニ座

血液型:O型

出身:片品村

資格・特技:スキー

趣味・お休みの日の過ごし方:マイタケ・キノコ・山菜採り、ゴルフ・スキー


★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました

 

玄人の「玄」、仕事に厳しい「厳」、出来映えがまぶしい「眩」などそれぞれのお客様への想いをそれぞれの“GEN”で解釈して頂きお客様第一を目指します。

髙井義政
あなたの仕事(役割)は?

新築住宅の営業として、お客様の新しい住まいづくりをお手伝いすることが、私の仕事です。家づくりの仕事は、しっかりと責務を果たせば、お客様に喜んでいただける、家族の笑顔が見られる最高の仕事です。
この道10年の経験を活かし、地元の皆さまの家づくりに少しでも役立てるよう、仕事に励んでいきたいと思います。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

私が住宅業界に飛び込んだのは、娘のマイホーム建築がきっかけでした。心から住みやすいと言える家、家づくりをしているスタッフの姿を見て「これなら、お客様に喜ばれる。この仕事はいい仕事だ」と思ったんです。

いつかは、生まれ育った地元に貢献したい! という想いも重なり、住まいのGENでお世話になることにしました。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

「高井さん相談があるんだけど・・・」
と、お客様から相談をされた時は嬉しいですね。

家づくりは、一生に一度というだけあって、スムーズにいくことばかりではありません。家のことはもちろん、お金のこと、土地のこと、家族のこと、実際に家づくりが始まってから、お客様が悩むことも多い。

そんな時「髙井さん」と相談してくれるということは、
私のことを買ってくれている、信頼してくれている証だと思うんです。

そんな“髙井義政”が売れた瞬間が、やりがいを感じる瞬間です。

そのために私は、住宅業界での長年の経験と、自分の人生経験を活かした家づくりのアドバイスをしています。もう、お施主さまも自分の子どものような歳の方も多いので、親心というか、この家族を絶対に幸せにしなければいけないという想いで、ひと家族ひと家族に合わせた提案をしています。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

思い出すと、この業界に入りたての時は、知識がなかったので苦労しましたね。既に年齢も重ねていたので、お客様からの期待も高くてね。人が5年かかるところを5ヶ月でやってやる! そんな意気込みで、とにかく勉強、とにかく質問の日々でした。

今思えば、営業は知識も大事だけど、お客様の悩みごとや願いごとしっかりお聞きできることが一番大事。そのことに気づくまでは、時間がかかった気がします。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

ないね(笑) 仕事一筋なんで。
まぁ、強いていえば、山菜採りですね。

これから実現したい夢・目標を教えてください

住まいのGENを、利根・沼田の住まいづくりNO.1企業にすることです。
そのためには、みんなが認める品質の良い家を提供すること。そして、お客様に応援してもらえる会社になることが大事です。見栄を張らず、等身大の姿で、お客様の身近な存在としてあり続けたいと思います。

髙井さんって、こんな人 by佐藤

新築住宅の営業のプロです。
筋をきちんと通す方なので、時には厳しくアドバイスもしてくれます。お金のこと、土地のこと、相続のこと、なんでも知っているし、また、難しい問題にも一緒になって考えてくれる人情味の熱い方です。
人生経験が豊富なので、若い方の良きアドバイザーとして頼りになる存在だと思います。

金子 光喜(かねこ こうき)

お客様の想い、現場の職人さんの想い、住まいのGENの想いが一つになるよう、
現場をまとめて良い現場づくり、良い家づくりをしていきたいと思います。

所属部署役職:現場担当

名前(ふりがな):金子 光喜(かねこ こうき)

ニックネーム:コウキさん、ホッシーさん

生年月日:12月12日

星座:射手座

血液型:A型

出身:片品村

入社年月:5年くらい

資格・特技:一級建築士、セルロースファイバー、住宅断熱アドバイザー、既存住宅現状検査術者、有機溶剤作業主任者、日商簿記2級

趣味・お休みの日の過ごし方:子どもと遊ぶこと、薪集め

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました

 

G Generation 世代
E Engagement 約束
N New 新しい
世代を超えて引き継がれていく家。常に時代に合った新しい提案をしていくことを約束させて頂きます。

施工管理:金子光喜
あなたの仕事(役割)は?

主に現場監督として、お客様と私たちが描いた図面を形にすることが私の役割です。

家を実際に手をかけてつくるのは職人さん。その職人さんに気持ちよく仕事をしていただくために、その工程管理や安全の管理など、段取りよく行うこと、そして、仕上がった工事を一つひとつ確認しながら、職人さんとコミュニケーションを取ることを大切に仕事をしています。

また、現場が始まってからもお客様との打合せが続くこともあります。お客様と実際に現場を見ながら説明したり、ご要望を伺ったりもしています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

家業が大工だったことが、この業界を志したきっかけです。父の影響か、ものづくりが好きで、高校を卒業し、本格的に建築の道へ。

卒業後は工務店の現場監督として6年働きました。その時の社長が齋藤社長でした。その時に一級建築士としての資格も取得しました。結婚を機に妻の家業を手伝いをするために一旦離れていたのですが、縁あってまた齋藤社長にお世話になることになりました。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

引渡しの時のお客様に喜んでいただいいた瞬間が何よりですね。

そして、その後、引渡しをしたお客様の元にアフターフォローで伺う。これは、住まいのGENに入って感じられるようになった喜びです。

ご家族が楽しそうに生活をしている様子を見ていると、あぁ、この仕事やっていてよかったなって思います。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

日々大変ですよ(笑)

職人さんは、監督の指示で動きます。その監督の指示が誤ってしまうと、いくら職人さんがよくても間違った工事になってしまうのです。

正しい指示をするためには、チェックの徹底が必要です。現場を指示をするその日だけでなく、そこまでの過程にミスが出ないよう努めています。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

パソコンの入力、電卓打ち、ですね。
実は高校の時は商業系の高校で、手打ちの作業は得意だったんです。

これから実現したい夢・目標を教えてください

夢は、住まいGENが利根・沼田の皆さまみんなに知られる会社になることですね。

住まいのGENと言ったら「あ~あそこね!」と言われるように、いい仕事をしてお客様に喜んでいただけるよう頑張っていこうと思います。

金子 光喜さんって、こんな人 by戸丸

とにかく、マメ。そして、泣きごとを言わない。

現場監督でありながら、一級建築士の資格も持っているし、私も光喜くんにたくさんアイデアやアドバイスをもらうんです。頼りにしています。

小渕 かず子(おぶち かずこ)

一度会ったお客様とのご縁をずっと大切に。
顔を憶えてもらったら嬉しいから、私もお客様の顔を覚えることを大切にこの仕事をしています。

所属部署・役職:お客様係
名前(ふりがな):小渕 かず子(おぶち かずこ)

ニックネーム:オブッチャン

生年月日:6月27日

星座:蟹座

血液型:AB型

出身:白沢町→佐山町→白沢町

趣味・お休みの日の過ごし方:ガーデニング、家庭菜園

 

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました

 

G 「元気」良く心を込め

E 「笑顔」でしあわせ届けます

N 「仲良く」絆を深めます

このGENをお客様への接客で心がけています。

スタッフ紹介-(1)
あなたの仕事(役割)は?

私のお客様係という役割は、お客様と住まいのGENとの橋渡し役。
新築するお客様もリフォームを検討しているお客様も、何か悩みごとや願いごとがあって、ご検討されていると思うんです。

その中で、私の一番の役割は、その悩みごとや願いごとをしっかりとお聞きすること。そして、その解決策を、住まいのGENのプロである仲間と一緒に考え、お客様にご提案することです。

私のポリシーは、一度会ったお客様とのご縁をずっと大切にする、ということ。
一見、その時だけのご縁と思うような方でも、長い人生、狭い地元地域の中でどこかまたご縁をいただくこともある。その時に、また会いましたね! なんて、笑顔で顔を合わせられたら、お互いに幸せだなぁって思うんです。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

利根郡白沢村に生まれ、沼田市佐山町に嫁いだ私ですが、その時に近くで働ければということでご縁があったのが、住まいのGENでした。

以前も建設会社に働いたことはあったのですが、事務職ということで建築の知識はほぼないままに入社。はじめは事務職として働いていたのですが、やがて「お客様係」という役割をいただいた時は、「えっ!? どうしよう」と戸惑うこともありました。

でも、仕事をしていくうちにお客様と関わる楽しさも出てきて、今ではもっとお客様に喜んでいただけるように仕事に励んでいます。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

お客様からの声にはいつも元気と勇気をもらっています。
「明るく対応してくれて嬉しいよ」
「小渕さんが電話に出てくれてよかったよ」
そんな言葉をいただくと電話越しに込み上げる想いで涙が出そうになってしまいます。ちょっと大げさですかね(笑)でも、本当にそんな気持ちになることもあります。

また、お客様係として実際にお客様と接し始めてからは、色々な発見がありました。営業を生業としているお客様からは、逆に営業の極意を教えていただくこともありました。
そのお客様との出会いの中で、人との繋がりの大切さ、そして「また、会いたい」と思ってもらえることの素晴らしさに気づきました。
なので私は、また会いたいと思ってもらえるように、まずは自分がお客様の顔と名前をしっかり憶えて、お客様の関係性を深めていくようなお客様係になっていきたいと考えています。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

住まいのGENは、地元の住まいを守る担い手としていますので、お客様のご期待も、住まいの改善や新築にあります。
私自身、建築の専門家ではないので、現場では限られた知識の中で考えなくてはなりません。その点は「調べてきますので、お時間いただけますか?」とお客様を待たせてしまうこともあり、申し訳ない気持ちになることも多いです。

でも、住まいのGENのお客様は優しい方が多くて。「調べて来てくれてありがとう」って言ってくださるんです。だからこそ、私は、その感謝の気持ちをしっかりと役立つ提案と、住まいを提供したいと思っています。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

あなたと話ていると元気になる・・・なんて、ありがたいことを言ってくださる人もいます。たまに、不思議な力を発揮するんですよね、私。

お話する時に心がけているのは、まず、自分の心を開くこと。これを改めて意識して行うことによって、お客様も自然と心を開いてくださるようになるんです。

これから実現したい夢・目標を教えてください

最終的には、お客様からもっと信頼していただいて、大きな工事も任されるようなお客様係になりたいです。
それまで、仲良く打合せを重ねて、楽しくお家づくりをしたいですね。

小渕さんって、こんな人 by橋詰

一言で言えば明るい人! あとは忍耐強くて、人情家。人が大好きな性格だと思います。勤務歴も長いので、お客様の名前もたくさん知っているので、頼りになる先輩です。

金子 美香(かねこ みか)

現在子育て真っ最中! 設計士の目線と母親としての目線で、
お客様とそのご家族の、笑顔溢れる、生活しやすい家づくりを提案いたします。

所属部署・役職:設計

名前(ふりがな):金子 美香(かねこ みか)

ニックネーム:みかちゃん

生年月日:8月27日

星座:おとめ座

血液型:B型

出身:みなかみ町

資格・特技:二級建築士、エコ診断士

趣味・お休みの日の過ごし方:子どものお世話、家事・育児。

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました。


現場を大事にするという意味の「現」。現場(敷地)に合った家のご提案といつも現場を大切にしてお客様にお引き渡しします。

設計:金子美香
あなたの仕事(役割)は?

設計士として、お客様の家の間取り、空間、カラーコーディネートを
お客様と一緒になって決めていくことが私の主な役割です。

お客様の生活スタイルに合わせたよい家をつくるためには、まず敷地に合った家の設計をしなくてはなりません。
そんな敷地に合わせた設計が私の得意技です。また、私自身が子育て真っ最中の母親です。その経験を活かしながら、将来の子どもの成長を考えた設計、奥様がより家事や育児をしやすい動線、ちょっと気持ちが上がる陽当たりのよい設計など、より生活に密着した空間づくりが提案できればと思っています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

地元生まれ地元育ちの私の実家は鉄工所を営んでいました。
私自身は、高校は商業系の学校に通っていましたが、親の勧めもあり、高校卒業後は、建築設計の道へ進みました。
修行として建築会社で数年働いていた頃、結婚。子どもも生まれ退職。一旦仕事は引退かなと考えていた頃に、齋藤社長と光子マネージャーからお声をかけていただき、住まいのGENで働くことになりました。
入社してすぐに2人目の妊娠がわかるなど、色々と迷惑をかけましたが、配慮してもらいながら働けて感謝しています。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

提案の一発OKをいただいた時ですね。

これは、それまでのお打ち合わせの中で、お客様とのコミュニケーションがしっかりとれて、ご要望をしっかりと聞いて、気持ちが一致したからこその結果だと思うので、嬉しい瞬間です。

あとは、完成時に涙ながらに「ありがとう」と言ってもらえる時ですね。家を建てるというのは、ある意味では命がけの作業。家が建つまでのお客様との打合せなどを思い出して、私もグッと来てしまいます。

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

お客様の感覚的な部分を形にする時は、とても気を遣いますね。

例えば「あたたかい家」にしてほしいというご要望も、お客様にとっての「あたたかい」は異なります。
寒くなければよいという方もいらっしゃいますし、冬でも半袖で過ごせるくらい暖かくという方もいらっしゃいます。
それは温度計ではわからない感覚的な部分に関わる部分です。
お客様の生活のスタイルをよく聞いて、予測を立て、お客様にもこうなりますよ、などとコミュニケーションをとりながらすすめて行くことが大事だと思っています。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

自称神輿バカです。お祭りと聞くと血が騒ぎ、居ても立っても居られません。
沼田のお祭りはもちろん、以前は三社祭りなどでも神輿を担いでいました。

これから実現したい夢・目標を教えてください

設計士としての集大成として、自分で設計した家を建てることですね。
「小さくてもいいけど、物が溢れていない空間」が作りたいです。

金子 美香さんって、こんな人 by下仲

優しくとても気を遣ってくだささる人です。そしてなんと言っても、設計士さんとしての空間の提案が素敵。美香さんの設計のお話はいつも楽しく聞かせてもらっています。

真下 愛子(ましも あいこ)

人に感謝される仕事をするために。
まずは、お客様に
顔を覚えていただく所から始めたいと思います。

所属部署・役職: お客様係

名前(ふりがな):真下 愛子(ましも あいこ)

ニックネーム:ましもさん あいこさん

生年月日:6月8日

星座:ふたござ

血液型:B型

出身:沼田市

資格・特技:二級建築士、福祉住環境コーディネーター2級、住宅性能評価員

趣味・お休みの日の過ごし方:文房具集め、子どもと遊ぶこと、ショッピング

 

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました。

 

元気な会社の『元』だと思います。 お客様に元気をお届けしたいです。

DSC08540m
あなたの仕事(役割)は?

お客様の住まいのお困りごとの窓口です。

快適に暮らしていただくために、提案をしていきたいと思っています。

お客様の住まいのお困りごとの窓口です。快適に暮らしていただくために、提案をしていきたいと思っています。 お客様の顔を見て、お話してくるのが、楽しみです。

初めて訪問した家なのに、栄養ドリンクを頂いた事もありました。 この地域の方は、優しいですね。 あと、申請書類の作成もしています。建築に係わる色々なことをやっていこうと思っています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

父が、建築士だった影響もあり、建築学科に進みました。

卒業後は、父が退職してから立ち上げた会社で設計に携わり、結婚後、仕事を休んでいました。

子育てが落ち着いてきたので、建築関係の仕事を探していたところ、住まいのGENに縁があり、勤めさせていただくことになりました。新しいものが、出来上がっていくのは、とっても楽しいです。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

お客様に顔を覚えてもらって、皆さん頑張ってますねとお褒めの言葉を頂いたときです。
住まいのGENさんは、細かい所も一生懸命に仕事してくれるから、助かりますと言われた時も嬉しかったです。
人に感謝されるような仕事をしていきたいです。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

外回りは、今までした事がなかったので、私に出来るのかという不安がありました。
話を進めていくのも大変ですね。「直したいけど、まだ大丈夫よ」と言われることもあります。
そういう時は、いざというとき頼りにしていただければと思います。
また建築基準法は、改正されますので、そういった勉強しなければと思います。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

チョコレートが好きで、大体どこのメーカーのものか食べたらわかります。
私の元気のもと、です。

これから実現したい夢・目標を教えてください

『住まいのGEN』を利根沼田で、広めていきたいです。
そして、沢山のお客様と家づくりについて、話していきたい。
住まいのGENの輪が広がりますように。

下仲 睦美(しもなか むつみ)

地元愛NO.1! 私が良いと思った雑貨を自信を持ってオススメしています。

所属部署役職:生活提案ショップ担当

名前(ふりがな):下仲 睦美(しもなか むつみ)

ニックネーム:むっちゃん、しもさん

生年月日:8月22日

星座:獅子座

血液型:A型

出身:沼田市

入社年月:1年1ヶ月

資格・特技:英語(リスニング)

趣味・お休みの日の過ごし方:折り紙(細かい作業が好き)、雑貨を見に行く

 

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました。

 

生活を潤す・癒やす雑貨と、人を作るを通して、自分らしいライフスタイルを見つけ、それを実「現」する為のお手伝いをいたします。

スタッフ紹介-(7)
あなたの仕事(役割)は?

生活提案ショップの担当として、販売(接客)、商品の仕入れ、在庫管理などを行っています。

私たちは「沼田に住まう人のための暮らしづくりの百貨店」をテーマに地元に寄り添うショップとして、
生活を楽しくする雑貨のご提案や、時にお客様のリクエストにもお応えしながら仕入れを行っています。

私のこだわりは、お客様とお話するときは笑顔でいること、そして、自分自身が使って「良い」と思ったものをオススメすることです。

特に食品は、大概の商品は自分で試しています。味や使い方などなんでも気軽に聞いてくださいね。

現在、定期発行している会社新聞“GENさん通信”の2代目編集長を務めています。

まだ不慣れですが、皆さんに楽しく読んで頂けるよう頑張ります!

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

学生時代は、保育士や介護士になりたい! と思っていましたが、いざ就職をと思った時に、自分の好きな雑貨と接客で仕事ができたらいいな、という思いが芽生え、住まいのGENの求人募集に応募しました。

初めてショップに来た時に、少しアンティークな感じと、オーガニックな感じ、そして何よりアットホームなお店の雰囲気に魅了されました。また、「雑貨で人の暮らしを楽しくする」そんなお話を聞いた時、こんな雑貨に囲まれたら毎日が楽しくなるだろうなと思えたんです。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

お客様から名前を覚えていただいた時ですね。

接客中に「下仲さん!」って名前で呼んでもらえるととても嬉しい気持ちになります。

最近は「あなたの笑顔に元気をもらっているわ」とか、
「ものをすすめるの上手ね」なんて言ってくださるお客様もいて、少しづつですが自信が持てるようになってきました。

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

始めの頃は、緊張して接客応対もうまくできず、苦労しました。

商品の仕入れも何を仕入れればお客様に喜んでいただけるのか? いいと思った商品も実際に売上につながらないと、お客様のニーズと合わなかったのかな・・・と悩むことも実際は多いです。

でも、そうやって悩んでいるときには、光子マネージャーや小渕に相談させていただくことにしています。ある時「下仲さんの思うようにやっていいんだよ」「下さんを売り込んでいけば大丈夫」という言葉をいただいた時には、すごく気持ちが楽になり、勇気が持てました。
また、接客においては、お客様に助けられる場面もありました。お客様との会話に慣れる練習で、カルチャー教室に来たお客様に積極的に話かけることにしました。とても楽しくお話しいただいた時、「あまり考えすぎず会話をするのがいいんだ」と思えたんです。その後は、接客も仕入れも楽しくなり、自分自身でも商品を試してみよう! など、工夫をすることができるようになってきました。

 

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

雑貨の商品知識ですね。
お店にある商品はすべて、マネージャーと私が選んでいるのですが、基本的には、商品を使うようにしています。

自分が実感した商品の良さを伝えられる、そんな点では誰にも負けません。

 

ちなみに、初めての方におすすめしているオーガニック食材は有機マヨネーズです。普通のマヨネーズとひと味ちがう風味がおすすめの理由です。

これから実現したい夢・目標を教えてください

生活提案ショップのことをもっともっと知って貰いたいですね。

 

特に、地元利根・沼田の方には、このショップのことを知ってもらいたいです。自分自身も就職のためにこのショップを訪れて、なんでこんないいショップがあることを今まで知らなかったんだろうって思いましたから。

オシャレな生活雑貨に囲まれて暮らしたい! と思っている方はもっといるはず! そんな方のために貢献したい、そんな想いで頑張ってまいります。

下仲さんって、こんな人 by髙井

明るい! 素直! そして気遣いが出来る人。

会話をしながら、相手を主役にできる聞き上手であり、話し上手。これは、なかなかできるものではないですよ。接客センス抜群な彼女です。 

小森 麻子(こもり あさこ)

お客様のための広告、イベントだから、
お客様からの声を何より大切に制作、企画してます。

所属部署役職:広報

名前(ふりがな):小森 麻子

ニックネーム:アサコさん、(カタ)ノッチ

生年月日:5月24日

星座:双子座

血液型:A型

出身:沼田市

資格・特技:教員免許、幼稚園教諭(2種)、カラーコーディネーター

趣味・お休みの日の過ごし方:今は、子ども中心の生活です。お金をなるべく使わず、子どもを如何に楽しませるか・・・なんて考えながら、子どもと遊んでいます。

★あなたにとって、GENとは?★ 
※住まいのGENの「GEN」には、様々な意味が込められています。
そこで、各スタッフにとってのGENを聞いてみました。

 

GENさん! と声のかけやすい、気さくに話のできるお茶飲み友達であり、お客様がピンチの時助けてくれる、住まいのお助け人の集まりが私たち住まいのGENです。

DSC06644a
あなたの仕事(役割)は?

広報として、ホームページの更新、チラシ制作、看板やポップ、名刺などの販促物の制作、GENさん通信のデザイン・レイアウトなどの仕事をしています。また、イベントを行った際の来場者集計や顧客管理、分析なども私の役割です。

あとは、趣味でもある写真を活かして、オーナー様の記念写真や家づくりの様子などを撮影したりしています。

住まいのGEN(住宅業界)に入ったきっかけは?

学生の頃から「子どものための何かがしたい」と思って絵本に興味を持ったり、保育に興味を持ったりしていた私ですが、初めての就職はウエディングプランナーとして仕事に就きました。

その仕事も充実していたのですが、当初の想いが湧き上がってきて、結果的に「何かを作って伝える仕事」を目指し、デザインの勉強を本格的に始めました。その後、結婚を機に地元に帰ってきたことをきっかけに、住まいのGENに縁あって入社。子育てとなんとか両立しながら今の仕事をしています。

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

やっぱり作ったチラシや告知に反響があると嬉しいですね。

お客様からももちろんですが、社内の評判も気になるところです。

なので、お客様アンケートなどは毎月ドキドキ・ワクワクしながら見ています。

おかげさまで、住まいのGENのお客様は、アンケートに積極的に関わってくれる人も多く嬉しく思っています。これからは、そんなお声を聞かせていただいているお客様に何ができるかが、より大事になっていくと考えています。

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

アイデアを考えるのは何回やっても難しいですね。

また、チラシを作るにしても告知をするにしても、お客様にどうして欲しいかがしっかりしていないと、告知をしても失礼になってしまうので、打合せをしてから作成に入ることにしています。

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

経費削減です(笑)
印刷物をつくるときに、ネットで調べてより効率的に安くする印刷方法を調べたり、自分でできるところは自分でやることで、なるべく経費を使わずに方法考えたりすることが得意です。
プライベートでは、携帯の料金プランの組み換えなどで工夫をして、残ったお金で子どもと一緒に買い物をしたり楽しんでいます。

これから実現したい夢・目標を教えてください

元々の夢であった子ども用の絵本作家になりたいですね。

自分で描いてまとめて作って、子どもたちにサプライズでプレゼントして。

子どもたちが喜んでくれたら嬉しいですね。

その後は、結婚祝のプレゼントにって依頼が来たりして、最終的には自分のアトリエなんか持てたりしたら・・・夢は膨らみますね(笑)

小森さんって、こんな人 by金子 美香

子育てしながら毎日頑張って広報の仕事をしている姿がカッコイイ! いつもみんなの活動を上手に表現してくれるので頼りになります。
建物の完成写真も上手に撮ってくれるんですよ。

1 / 212
  • 住宅見学会 イベント情報
  • 資料請求 お問い合わせ
  • カルチャー教室